助産師 少子高齢化

様々な年齢層にいる人達の性・生殖のサポートをする助産師

 

あらゆる年齢の女性をサポートする助産師

 

助産師というとお産に関わる仕事が中心というイメージがありますが、実はそれ以外にも様々な分野でその役割が期待されています。

 

少子高齢化社会の今、一世帯当たりの子供の数は減りましたが、その分教育にかけるエネルギーが大きくなったので競争が激化!大変なのは子供だけではありません。
また、核家族化が進んだことで子供の面倒をほとんど母親一人で見ている家庭も珍しくはありません。

 

子供を預けるのにもお金がかかるし、外に出れば子供を介したママ友とのお付き合い…。妊娠・出産後も女性の悩みやストレスは続きます。

 

そうこうしている間に更年期を迎え、心身の不調に悩む女性達。助産師さん達は相談相手が少なくて孤独を感じているお母さんたちのサポートや、ホルモンバランスを崩した更年期の女性の健康相談・カウンセリングなど、あらゆる年齢の女性を支援できるお仕事です。

 

厚生労働省認可  看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

病院の外でも!地域で活躍する助産師

 

子供の数が少なくなったけれど、核家族化の影響でたった一人で子育てをしている女性は世の中にはたくさんいます。
しかも子供に何かあれば、すぐ母親の責任問題と言われるんです。

 

最近多い児童虐待の問題は、こういった母親の孤立・孤独化が大きく影響しているとも考えられています。
助産師は病院ではお産に立ち会いますが、病院の外では地域で子育てをしているお母さんのサポートをする役割があります。

 

 

市町村主催の妊婦教室でコミュニティーを作ったり、新生児訪問で家庭の様子や母親の状況をみて、子育てがしっかりと行えているのかチェックしているんですね。

 

出産や子育てにまつわる不安は同じ女性同士でないと分からない部分も多いので、病院の外でも助産師さんは頼られっぱなしです!

 

 

悩めるナースの転職支援 お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]