看護師 給料

30代ともなれば年収は上がる?

 

女性が社会に出るようになり、女性の収入というのは数年前と比べても、明らかに多くなっているということはわかります。では年齢別に見ていくとどうなのでしょうか?女性の仕事として名高い「看護師」と「一般企業のOL」を比較してみましょう。

 

年収というのは年齢と共に上がっていく傾向があります。それは、会社組織の中で、経験と知識を持つことになりますから、その評価として役職のポストにつける人が多くなってくるからです。このような現象は、看護師であろうとOLであろうと変わらないことだと思います。しかし、看護師の方が年収が明らかに高くなってしまうのです。

 

転職後の年収1位  お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]

社会経済の影響で安定が損なわれる

女性の年収が一番多い年を比較してみます。30代OLの平均年収は350万円前後で、そのころの30代看護師の年収は400万円前後だったそうです。この数字を見ると、納得できてしまうような差だと思いませんか?しかし、現代に進むにつれて「OLの年収は下降しています」。看護師の年収というのはあまり変わらず、400万円前後をキープしているのです。最近では、100万円以上も差がついているといわれています。

 

看護師の安定とはこのようなこと

看護師は専門職ですので、社会情勢に左右されて年収が変動するということは余りありません。しかし、一般企業というのは大きな影響を受けてしまいますので、OLの給料も大きく変動してしまうのです。そのため、現在ではこのような年収の差がついてしまっているといえます。

 

このように比較してみると、「景気によって年収の差がつく」ということがわかりますね。そして、経済状況が良くなり、バブル期のような経済状況になると、看護師もOLも、「ほとんど変わらない平均年収になる」ということがわかりますね。

 

 

悩めるナースの転職支援 お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]