パート看護師 メリット デメリット

パート看護師のいいところ・悪いところは?

 

パート看護師のメリット

 

パート看護師の最大のメリットは、家庭の都合や自分の趣味などを中心とした働き方が出来るところです。
そのため、主婦を中心にとても人気が高い働き方となっています。

 

パート看護師として扶養内シフトで働きたいという人は、同じ境遇の看護師が多いクリニックなどを中心に活躍しています。
もちろん結婚はまだという看護師の中でも、日勤パート看護師をしながらステップアップの為の勉強に時間を使っている人もたくさんいます。

 

看護師の時給の相場はその他の職種に比べると高いので、進学の学費やワーキングホリデーの為の費用を効率よく稼ぐことが出来るんですよね!
パート看護師未経験でも、これまで経験してきた診療科の中から職場を選ぶとすぐに仕事を覚えることが出来ます。

 

もちろん未経験の診療科で働く時の準備段階として、まずはパート看護師から働くというのもアリです!

 

転職後の年収1位  お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]

パート看護師のデメリット

 

パート看護師のデメリットは、正社員に比べるとどうしても保障が薄くなるところです。
主婦ナースの場合はじめから扶養内シフトで働くことを前提にしている場合が多いので、あまり気にしている人はいませんが…。

 

パート看護師でも一定の条件を満たして勤務していると社会保険に加入できるところがほとんどですが、シングルマザーナースになるとやっぱり正社員で働いた方が安心できます。

 

 

あとパート看護師にはボーナスがないところもデメリットですね。
施設によってパート看護師でも寸志を受け取ることが出来るところもあるので、転職するときはよく調べておきましょう

 

人間関係の面では、正社員看護師との関係を気にする人もたくさんいますが、パート看護師がたくさんいる職場を選ぶ方が働きやすくなることは間違いありません。

 

 

100人以上の転職支援実績  リクルートナースバンク

 

パート看護師への転職に強いエージェントは?|看護師辞めたいと思った時に見るサイト