看護師 夜間アルバイト

看護師夜間アルバイトのすべて

 

看護師夜間アルバイトのメリット

 

看護師夜間アルバイトには「夜診アルバイト」と「夜勤アルバイト」の2種類があります。

 

「夜診アルバイト」とは、外来の夜間診療の介助をするというものです。クリニックの場合は大体16時前後から19時前後までで、病院の夜間外来診療の場合は17時頃から19時前後のところが多くなります。勤務時間が短い分、時給は随分高くなります。
細切れの時間を活用して自分のお小遣い分だけ働きたいという主婦に人気がある働き方です。

 

「夜勤アルバイト」は、病院に夕方から朝までいるタイプのものと、準夜帯のみ又は深夜帯のみという働き方があり、どちらにしても日勤よりも時給は高くなります。日勤帯のようにバタバタと検査・手術だしをするのは苦手という方に特に人気です。

 

夜間アルバイトは都合さえつけることが出来れば、効率よく稼げるというところが最大のメリットになります!

 

転職後の年収1位  お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]

看護師夜間アルバイトのデメリット

 

看護師夜間アルバイトのデメリットは、夜に家を空けることが出来る人しか就くことが出来ないことです。
だからと言って夜に家を空けることが出来るような若い看護師さんのほとんどは、病院で2交替・3交替をして忙しくしているし…。
かといって子育てまっただ中の看護師さんは夜に家にいたいはず…。

 

こうなってくると、該当するのは

 

「子供がいるけれど小学校高学年以上で、夕方家を空けても大丈夫」という看護師さんか、「子供が一人暮らしを始めて、後は好きなように時間が使える」という看護師さんになってきます。

 

なかなかこの条件にピッタリくる人は少ないかもしれませんね。夜勤アルバイトも同じことが言えますが、夜勤アルバイトは夜診アルバイトよりもまとまったお金をゲットできるため、これをメインの仕事として考えることが出来るという違いがあります。

 

 

100人以上の転職支援実績  リクルートナースバンク

 

夜間看護師への転職に強いエージェントは?|看護師辞めたいと思った時に見るサイト