看護師 離職 結婚

結婚後の看護師としての働き方

 

看護師の離職理由第2位は結婚

 

看護師の離職理由の第1位「妊娠・出産」に次いで、第2位は「結婚」。
結婚後妊娠までは続けようとする人の次に、寿退社する人が多いということです。
やっぱり寿退社は女性の憧れですから!幸せいっぱいで退職していく仲間たちを見るたびに「自分もいつかは…」と何度も感じているんですよね、心の中では。

 

結婚と同時に退職した看護師さんはしばらく休憩してから日勤パートの職場に転職するか、妊娠・出産・育児を見越してママさんナースが多くて福利厚生が充実している医療機関に正社員として就職するかのどちらかです。

 

なかにはそのまま辞めてしまう人もいますが、
仲間が頑張っている話を聞くと自分もまた臨床に戻りたくなるんですよね。

 

転職後の年収1位  お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]

転職するかどうかは配偶者次第?!

 

結婚してもそのまま2交替・3交替を続ける人もいますが、女性の働き方を左右するのは自分自身の考え方よりも、配偶者の考え方や経済状況の方が大きく影響してきます。
最近は主夫として生きている男性が増えつつあるとはいえ、まだまだ「男は外で働き、女性が家庭を守る」というスタイルは根強く残っています。
そのため、家庭と両立できる範囲でパート看護師として扶養内シフトを希望する人が多いですね。

 

自分の私生活とのバランスを考えた時にベストな職場がどこか分からないという方には、ナース人材バンク看護roo!がお勧めです。

 

地元のパート情報をはじめとする職場の細かな情報まで包み隠さず教えてくれるので、失敗なしの転職活動が出来ます。
サイトのメールフォームに必要事項を記入して送信!1分もあれば登録完了です。
後はスタッフからの連絡を待つだけでいいので、忙しい家事の隙間時間を活かして情報収集が出来ます!

 

 

100人以上の転職支援実績  リクルートナースバンク

 

結婚の相談なら|看護師辞めたいと思った時に見るサイト