看護師 産休

家族の協力体制と体調が整ったら、いざ看護師復帰

 

産休・育休明けにスムーズに社会復帰する方法

 

在職中に妊娠・出産しその施設の産休・育休を取得した方は、育休明けがいつか決まってしまっているので、その日から逆算して社会復帰の準備を始めることとなります。
出産と同時に保育園の申請をするか、院内託児所の利用について調べましょう。

 

また子供が熱を出した時など、不測の事態にどう対応するか、思いつく範囲でなるべく具体策を挙げておくことが成功の秘訣です。

 

自分達家族だけでなく、職場に対して大きな影響が出るということをいつも忘れてはいけません。また出産・子育てを見越して退職して現在フリーの方は、自分が復帰したいと考えている時期の半年前頃から少しずつ転職活動を始めましょう。

 

早めに行動することで問題点も見えてきますし、復帰後の生活のシュミレーションをしやすくなります。

 

安心の福利厚生・年収600万以上も  ナース人材バンク

子育てとの両立求人に強い看護師転職サイト

 

子育てとの両立となると、夜勤なし・残業なし・体力的にきつくない・自宅から近い…などの条件を満たしている職場が理想的です。院内託児所が併設されているかどうかも要チェック!自分で保育所を探して手続きするよりもずっとスムーズです。

 

ママさんナースのワークライフバランスを考えた転職支援として、看護プロ看護roo!ナース人材バンクがよく選ばれています。
これまでの実績が多数あるので、専属コンサルタントもママさんナースにやさしい転職支援のノウハウを知り尽くしているんです!

 

何から手をつけていいのか分からないという方は、まず自分が使えると思ったサイト(2~3社が適当)に登録するところから始めましょう。
あとはコンサルタントに任せて、家族との話し合いを詰めて行って下さいね!

 

 

首都圏案件最大級  「看護プロ」

 

育休から復帰の相談なら|看護師辞めたいと思った時に見るサイト