美容外科 看護師 メリット

ホスピタリティを重視出来る看護師さんはトライしてみよう!

 

 

美容外科の看護師になるための条件とは?

 

美容が大好きで、美容外科や美容皮膚科の看護師になりたいひとって少なくないはず。特に、看護師は女性が多いですから、興味があるのは、ある意味当たり前と言っても過言ではないかも。美容外科や美容皮膚科の看護師に求められているものは「ホスピタリティ」と言われています。

 

高いお金を払ってでも自分のコンプレックスや悩みを解消したいと思い勇気を出して美容外科や美容皮膚科を訪れた患者さんにとって看護師がその気持ちを受け止めてくれているような声かけや態度をしてくれることは重要ですよね。

 

また、自分を変えようと思うくらい美意識の高いひとたちが来る病院ですから、患者さんの見る目が厳しい可能性が高いということを覚悟しておかなければいけませんね。患者さんに、「さすが、美容外科の看護師さんはきれいにしているなぁ」とか「他の病院とは違うなぁ」とか思わせるくらいでないといけませんよね。

 

そういう意味でも、「自分自身が美容にとても興味がある」ということも重要なポイントになってきます。もちろん、看護師としての基本技術や知識も必要不可欠なものです。

 

転職後の年収1位  お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]

 

 

美容外科の看護師のメリット・デメリットとは?

 

美容外科や美容皮膚科の看護師に向いてそうですか?
ぴったりだ~なんて思って美容外科や美容皮膚科への転職を考え始めたら、
職場のメリット・デメリットもちゃんと考えて見ましょう!

  • 病院の立地条件が良い・・・これはメリット
  • きれいな職場が多い・・・これもメリット
  • 日勤・・・メリット=夜勤がない、デメリット=拘束時間が長い
  • 土日祝日もオープン・・・デメリット=カレンダー通りのお休みがない
  • 外科的処置や手術の介助が多いので立ち仕事が多い・・・デメリット
  • 患者さんへの対応は精神的にストレス・・・デメリット=ホスピタリティが必要な職場
  • 経営重視のクリニックが多い・・・デメリット?=患者さん重視の病院介護とは違う状況

 

あこがれの業界かもしれませんが、仕事ですから良い面も悪い面もありますよね。
良い面だけ見るのではなく、悪い面もしっかりみて、それでも働きたいのか、考えて見てはどうでしょう?

 

転職支援サイトなどでは、もっと情報が得られるそうなので、考えたい人はチェックしてみましょう。