看護師としての再就職で人気な診療科は?

整形外科への転職を考えているなら

整形外科のイメージ

看護師の転科転職などの転職先として大人気の診療科が整形外科です。
理由は沢山に存在しているのですが、ほぼほぼ生命の危険と直面する可能性が少ない診療科であるということです。
何気に新人看護師の多くが、目の前で起こる命の現場の現実に高いストレスを感じ、看護師の職を離れる選択を余儀なくされているのです。

 

その点整形外科の看護師の場合、生命の危機に晒されている患者さんと関わることはまずありませんし、そういった点でのプレッシャーからは解放される診療科です。
更に患者さんの回復が非常に分かりやすい診療科であるため、やりがいを高く感じるという点で人気の診療科でもあるのです。

 

内科などの場合には、薬などを使って除々に体調などが戻っていくわけですが、整形外科の場合には、骨折をして歩けない状態で運ばれてきて、その後に日々の看護で痛みがなくなり、抜糸をして、リハビリなどをして、歩けるようになる姿を段階を踏んで見ることが出来るわけですから、看護の成果は高く実感出来るものです。

 

整形外科は介助が必要な場面も

整形外科への転職を考える場合、注意点としては、回復しかけの患者さんの場合には、手間などはあまり掛かりませんが、まだ入院などの初期段階においては、体を思うように動かすことが出来ないため、様々な介助をする必要が出てきます。

 

体を起こしてあげたり、排尿や排便の手伝い。
入浴介助など様々です。
何気に汚れ仕事や力仕事が多いということは、しっかりと前提として覚えておくべきでしょう。
女性の看護師でも男性患者さんを支えたりするわけですから、体の強さと体力が求められるのです。

 

個人クリニックなどであれば、完全に整形外科の看護師として働くことが出来ますが、総合病院などの場合、人気の高い整形外科求人を餌にして、他の診療科へと転属させるといった、言い方は悪いですがずるい方法で看護師不足を解消しようとする医療機関も見られますから、そういった点を事前に質問したり、リサーチをしてしっかりと確認をしておくことが重要です。

 

クリニックへの転職が良いと考えがちですが、総合病院などに比べると、給与の面だったり、福利厚生の面ではやはり見劣りするのが一般的です。
入院施設がないクリニックなどでは、やりがいは薄いかもしれませんが、夜勤などもないため、家庭と仕事の両立を目指す看護師の方にはオススメ出来る転職先と言えるでしょう。
このような注意点を踏まえて整形外科への転職を考えていきましょう。

 

整形外科への転職に強いエージェントは?|看護師辞めたいと思った時に見るサイト