看護師の小児科転職の注意点は

小児科看護師へ転職する際の注意点は

小児科のイメージ

看護師の転職先の診療科の一つに小児科が存在しています。 ぶっちゃけて言ってしまうと、小児科ほどに看護師の意見が割れる診療科もないと言われています。
子供が大好きだから前向きに働きたいという方もいれば、モンスターペアレンツなどの問題もあり、言葉も通じないし絶対に嫌だという看護師さんもいらっしゃるのです。

小児科への看護師の転職は、賛否両論であるということです。
このため、他の診療科と比較しても、人材不足の傾向が見られる医療機関もあり、転職求人の数も多く見られています。
やりたいと強く望む人間がいる一方で、絶対に行きたくないと嫌悪する方もいらっしゃいますから、求人数は一定数いつの時期でも存在しているということです。

子供が好きだからといって、安易に小児科の看護師に転職しようとするのは、ちょっと安直すぎます。
子供が好きだからこそ、子供達が病気や怪我で苦しんでいる姿を見るのが耐え難いとして、小児科から転科される看護師の方もいらっしゃるくらいですから。

看護以外のあやすといったスキルも必要

このように小児科の看護師を転職先に目指す場合、いくつかの注意点というものが存在します。 まず挙げられるのは、小児科という診療科独特の業務の難しさです。
特に他の診療科からの転科転職の場合、あまりのギャップに驚く方が多いようです。

小児の看護は大人相手の看護よりも難しい点が多く存在します。
例えば、生まれてすぐといった新生児レベルの場合には、MICUが担当しますが、乳児段階では小児科が担当することも珍しくありません。
当然に言葉を使って意思表示をすることが出来ないため、泣くことでしか意思表示することが出来ませんから難しいものなのです。

看護ばかりではなく、子供の病院やドクターに対しての恐怖心などを取り除き安心させたり、落ち着かせること。
泣いている場合には、泣きやませたりすることも看護師の大事な仕事になります。

子供が好き!という以外に、キャリア・経験をつみたい方にもおすすめ

更に小児科の場合、成人向けなどの診療科のように、部位ごとに診療科が分けられていることはなく、外科の分野も内科の分野もすべての診療を行っていく必要があります。

ドクターのみならず看護師にも幅広い看護スキルと医療知識を求められることになるため、覚えなければならなかったり、習得すべきことは山ほど存在しているのです。

大変ですが、小児科に席を置きある程度のキャリアを積むことが出来れば、その後にキャリアアップや条件面アップ目的で転職を目指す場合には、かなり優位に働くと言えるでしょう。

小児科への転職に強いエージェントは?|看護師辞めたいと思った時に見るサイト